「たれ屋」のクロワッサン餃子は通販で買える?口コミも調べてみた!

スポンサーリンク

こんばんは!

突然ですが皆さんは、餃子がお好きでしょうか?

私は餃子が大好きで、週に1回は食べています^^

食べるなら美味しい餃子を食べたいと思いますが、なかなかコレという餃子に出会えなくて、美味しいと評判のスーパーの冷凍餃子を買ってみたりしています。

今日は、「ナニコレ珍百景」で紹介された「たれ屋」のクロワッサン餃子が、とても気になったので、調べてみました。

大人気で、なんと1年待ちだそうですが、今だけ2~3ヶ月待ちで買える情報を見つけたので、ご紹介していきます。最後までお付き合いくださいね^^

<目次>

  1. 「たれ屋」のクロワッサン餃子とは?
  2. 「たれ屋」のクロワッサン餃子は通販で買える?
  3. 「たれ屋」のクロワッサン餃子の口コミは?
  4. まとめ

「たれ屋」のクロワッサン餃子とは?

「たれ屋」は、香川県の地元駐車場から始まった、餃子の製造販売を手掛ける会社です。
口コミや地元の新聞に取り上げられたことで評判が広がり、今やインターネット通販で約9割のリピート率を誇るまでになりました。

スポンサーリンク

「たれ屋」のクロワッサン餃子は、常連のお客さんが名付け親で、その餃子の形と焼いたときの表面のサクサク感と中身のふんわりモチモチ感からきています。この食感が「有名店のできたてクロワッサンとしか表現できない」と言われたことから命名されたんだそうです。命名した方、例えがウマイです!

美味しさの秘密は、社長の食材へのこだわりと餃子への飽くなき研究心です。

中身の餡には、ジューシーな肉汁とヘルシーで上質な脂身の十勝野ポークと、国産の糖度8~10度の甘いキャベツを使っています。

混ぜ合わせる前にキャベツに下味をつけ、全ての具を混ぜ合わせる時に秘密の粉を混ぜるのが美味しさの秘密だと、社長が語っていました。

10万回もの試行錯誤を繰り返す中で生まれた工程だそうで、これだけの手間をかけるから1日で12,000個しか作れないのだとか。

「クロワッサン餃子」の最大の特徴である、サクサクの焼き上がりを実現するために肝心な皮には、4種類の特性が違う粉を使い、こだわり抜いた配合・水加減と温度管理により造られています。

従業員に「餃子のことしか考えていない」と言われてしまう社長が、10年間データを取り、4年間の研究を重ねて、10万回の試作を繰り返して生み出されたというクロワッサン餃子が、美味しくないわけがありません。

記事を書きながら、私も食べたくなってきました^^

「ナニコレ珍百景」では、1年待ちで4,000人待ちと言っていましたが、調べてみたら、今だけもっと早く手に入れることが出来るんですよ~

次でご紹介していきますね!

「たれ屋」のクロワッサン餃子は通販で買える?

「たれ屋」は、楽天市場店があるので、クロワッサン餃子楽天市場から通販で注文できます

手間がかかっているだけに、作れる量も限られてしまうクロワッサン餃子ですが、通常だと注文してから1年待ちなんですよね。

とっても美味しそうなので、早く食べてみたいんですけど。

1年待ちなんて頼んだことも忘れてしまいそうだし、そんなに待てないですし。

もっと早く手に入れられないのか調べてみたところ、楽天で、今だけ2~3ヶ月待ちで買えるんです!

期間限定で2019年10月11日01:59までなので、早めに注文した方が良いですよ。「ナニコレ珍百景」で取り上げられたから注文が殺到しそうですしね!

🔽🔽🔽🔽下の画像をクリックすると販売ページへ行けます^^

「たれ屋」のクロワッサン餃子の口コミは?

社長の餃子にかける情熱を感じると、間違いなく美味しいだろう「たれ屋」のクロワッサン餃子ですが、実際に食べた方はどんな感想を持ったのか気になりますよね。口コミを調べてみましたので、見てくださいね^^

出典:https://item.rakuten.co.jp

出典:https://item.rakuten.co.jp

出典:https://item.rakuten.co.jp

実際に食べた方は皆さん、皮のパリパリ感が良いと絶賛しています。

本当にクロワッサンみたいな感じなんでしょうか。私も、餃子はカリッとしているのが好みなので、ぜひ、自分で食べて確かめてみたいです!

まとめ

「ナニコレ珍百景」で取り上げられた「たれ屋」のクロワッサン餃子ですが、皮のパリパリ感が絶品の餃子で、大人気なことが良く分かりました。

楽天の通販で手に入りますが、手間がかかり1日に作れる量が限られているため、入手が困難で、通常は1年待ちと言われています。

今だけ期間限定で、2~3ヶ月待ちで入手できるので、気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク