角幡唯介(かくはたゆうすけ)探検家の極夜行とは?妻と娘が個性的すぎる!

スポンサーリンク

皆さんは、探検家角幡唯介さんをご存知ですか?

厳冬の北極圏で、何か月も太陽が昇らない「極夜」。

この暗闇と極寒の世界を、たった1人で旅するという、

クレイジーな人物です。

その、探検家角幡唯介さんの

4年以上にわたる壮大な旅が完結し、

出版された『極夜行』が、

Yahoo!ニュース本屋大賞

ノンフィクション本大賞を受賞しました。

この賞が掲げるノンフィクションの定義とは、

世の中で起きた『ほんとうのこと』を見聞きして、

物語にすることなんだとか。

この賞は、全国の書店員が選ぶあの本屋大賞

ノンフィクション作品に与えられる新しい賞です。

過酷な環境をあえて旅する

探検家角幡唯介さんはどんな人物なのか、

とても興味深いですよね。

プロフィール極夜行について、

個性的な妻と娘についても調べてみたいと思います。

それでは、見ていきましょう。

スポンサーリンク

<目次>

  1. 【探検家】角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんのプロフィールは?
  2. 【探検家】角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんの極夜行とは?
  3. 【探検家】角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんの妻と娘が個性的すぎる?

【探検家】角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんのプロフィールは?

角幡唯介さんは、どんな人物なのか

プロフィールを見ていきましょう。

◆角幡唯介

出典:http://bunshun.jp

●プロフィール

名前:角幡唯介(かくはた ゆうすけ)

生年月日:1976年2月5日

年齢:42歳

出身地: 北海道 芦別市

居住地:鎌倉市

出身校:早稲田大学政治経済学部

職業:探検家、ノンフィクション作家

角幡唯介さんは、

函館ラ・サール高等学校を卒業後、

早稲田大学政治経済学部に進学しました。

とても優秀なんですね~

探検家を職業としているので

てっきり体育会系かと思いました。

早稲田大学で探検部に所属して

この頃から本格的に始めたのでしょう。

●経歴

2001年 ヨットで太平洋を航海後

ニューギニア島トリコラ北壁初登頂

2003年 朝日新聞社入社

2008年 朝日新聞社退社

ネパール雪男捜索隊に参加

2011年 カナダ北極圏1600Kmを徒歩で踏破

ネパール雪男捜索隊に参加・・・

とても気になります。

雪男は見つかったんでしょうか?

こうして探検を続ける角幡唯介さんは、

2018年2月には、グリーンランドへ旅立ちました。

スポンサーリンク

【探検家】角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんの極夜行とは?

角幡唯介さんの極夜行とは

何のことか見ていきましょう。

角幡唯介さんは、探検家ですが

ノンフィクション作家でもあります。

極夜行とは、以前ETV特集で紹介された

北極圏での極夜の旅を本にまとめたもので、

角幡唯介さんの著書の題名です。

2018年11月には、

Yahoo!ニュース本屋大賞

ノンフィクション本大賞を受賞しました。

おめでとうございます!

さて、表紙の画像はコチラです。

◆極夜行

出典:https://www.amazon.co.jp

1頭の犬だけを連れて

太陽が全く見えない暗闇の世界を

たった一人で旅をする・・・

想像するだけで恐ろしいです;;

暗闇の中で突然、シロクマに

出くわしてしまうかもしれない恐怖と

極寒の中、限られた食料で

旅をするのは、どんな心境なのか。

角幡唯介さん自身の言葉でつづられた

著書の極夜行は、映像とは違う

リアリティを感じられることでしょう。

【探検家】角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんの妻と娘が個性的すぎる?

角幡唯介さんの

妻と娘が個性的すぎるので

見ていきたいと思います。

角幡唯介さんのTwitterをのぞくと

のあおちゃんとのやり取りが

頻繁に出てきます。

仲良し家族なんですね~

は、角幡唯介さんの著書の中で

としてつづられていて

「こんなに酷く書いて!」と

怒られているそうです。

◆サーファー

出典:https://twitter.com

しかも、11月のこんなに荒れた海で

サーフィンをする勇ましいなんです。

小さくて見にくいですが

画像中央で波に乗っているのが

角幡唯介さんのです。

勇ましく見えるですが、

虫が苦手なようで、夏に発生する虫を恐れて

大量の殺虫剤を常備しています。

なんか、ギャップがカワイイですね^^

そして、のあおちゃんは

幼稚園の先生にお墨付きをもらうほど

「独特で変わっている」のです!

角幡唯介さんが、お風呂上りに

「二億四千万の瞳」を歌っていたら

全裸で踊りだして、

CDを買ってくれとねだったり、

角幡唯介さんが、

風邪で寝込んでいるところに

幼稚園で作ったリボンを持ってきて

「おとうちゃんにプレゼント!」

「これをつけたらプリンセスになれるから!」

と言ったり、

公園のベンチで一緒に休んでいたら

恋人のように身体を寄せてきて

「おとうちゃんと一緒にいたら

なんか、不安になっちゃう」

と、ニコニコしながら言ったり、

発言がどれも独特ですよね^^;

のあおちゃんのやりとりも

奮っています!

「いい加減、早く食べなさい!」

「待つことを覚えなさい!」

これを横で聞いていた

角幡唯介さんは、どんな反応を?

私はこのやり取りを読んで、

大爆笑しました。

のあおちゃん最高です!

妻と娘が個性的すぎる

エピソードが満載でしたね^^

でも将来は、のあおちゃんに

ゴリラの美人研究者になってほしくて

生まれてからずっと、動物園に連れて行って

洗脳しようとしている角幡唯介さんも

相当、変わっていますよ!!

スポンサーリンク

まとめ

角幡唯介さんは、

極寒の北極圏の太陽の昇らない

極夜を1人で旅する探検家です。

妻が出来て娘の成長が楽しみになって、

死ぬことが怖くなったと語っています。

生きることの目的がはっきりした

角唯介さんは、更に過酷な

探検も成功させてくれる気がします。

2018年11月追記

この度は、

Yahoo!ニュース本屋大賞

ノンフィクション本大賞の受賞

おめでとうございます!

極夜行が完結し、

次は、どんな過酷な旅へ出かけるのか、

楽しみでなりません。

益々のご活躍をお祈りいたします^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク