袴田武史(ispace代表)の資金調達と月に眠る資源?結婚&プライベートも!【池上彰と宇宙の旅2018】

スポンサーリンク

2018年3月28日(水)  

20時00分~22時00分

『池上彰と宇宙の旅2018』

に出演する、袴田武史さんの

プロフィールは?

結婚プライベートは?

ispaceはどんな企業?

月に眠る資源とは?

資金調達パートナー企業は?

気になることを調べてみました。

Google Lunar XPRIZEHAKUTOの詳しい記事は他にもコチラにありますので合わせて見てくださいね^^

↓↓↓↓↓

袴田 武史(HAKUTO代表)の日本チームと月面探査レースとは?SORATOはスゴイ?【クレイジージャーニー】

HAKUTOの月面探査レースの順位や賞金は?古友大輔の経歴は?【クレイジージャーニー】

スポンサーリンク

<目次>

  1. 袴田武史(ispace代表)さんのプロフィールは?
  2. 袴田武史さんが代表を務めるispaceはどんな会社?
  3. ispaceの資金調達とパートナー企業は?
  4. 袴田武史さんの考える月に眠る資源とは?
  5. 袴田武史(ispace代表)さんの結婚やプライベートは?

袴田武史(ispace代表)さんのプロフィールは?

袴田武史さんの

プロフィールを確認してみましょう。

◆袴田武史

出典:https://itankaigi.com

●プロフィール

名前:袴田 武史(はかまだ たけし)

生年:1979年

出身地:東京都

袴田武史さんは、

子供の頃に観た

スターウォーズに魅了されて

宇宙開発の世界に進みます。

ジョージア工科大学で修士号

(航空宇宙工学)を取得後、

大学院時代は、

次世代航空宇宙システムの

概念設計に携わります。

宇宙船を作りたいという夢を

叶えるために、エンジニアに

なろうと学んでいたんですね。

その当時、Ansari XPRIZEが

民間有人宇宙飛行に成功し、

「民間での新しい宇宙開発時代が来る」

と感じた袴田武史さんは、

民間での宇宙開発では、

経営者が必要になると考え、

大学院卒業後は、経営を学ぶために、

外資系経営コンサルティングファームに

就職しました。

プロジェクトリーダーとして

勤務していましたが、

2010年からは、

Google Lunar XPRIZEに参加する

日本チームHAKUTOの代表となり、

同時期に宇宙開発企業ispaceを立ち上げ、

こちらも、代表も務めることになります。

Google Lunar XPRIZE

残念ながら、達成チームが出ないまま

2018年3月31日に終了となりますが、

ispaceは、HAKUTOで開発された

月探査ローバーの技術を利用して、

宇宙開発事業を進めることになります。

スポンサーリンク

袴田武史さんが代表を務めるispaceはどんな会社?

袴田武史さんが代表を務める

ispaceはどんな会社なのか

見ていきましょう。

会社名 株式会社ispace / ispace, inc.
設立 2010年9月
社員数 40名(2017年12月1日時点)
資本金 105億6,426万1,541円(資本準備金等含む)
経営陣 Founder & CEO 袴田武史
CTO 吉田和哉
COO 中村貴裕
事業 宇宙資源を活用し、地球と月をひとつのエコシステムとする持続的な世界の構築に向けた、
・宇宙コンテンツによる企業マーケティング支援
・月面データの調査支援および販売
・月周回および月面への高頻度輸送サービス
・月周回および月面へのペイロード開発支援
・宇宙資源開発に向けたR&D

出典:https://ispace-inc.com

ispaceは、

もともとはHAKUTOの活動資金を

集めるために作った会社でした。

Google Lunar XPRIZE

チャレンジが終了してHAKUTO

解散してしまうのは、惜しいので

その受け皿としての役割もあったようです。

未来のビジョンが分かりやすい

動画があるので、まずはコチラを

見てください。

◆ispaceのビジョン


いかがでしたでしょうか?

2040年といえば、32年後の世界ですが

こんな夢のある未来が

実現したらいいですよね!

ispaceは、

2020年に月へ探査ローバーを

送り込むための着陸船の開発を

着々と進めています。

2020年は東京オリンピックが

開催される年なので、計画通り

上手く行けば世界へispace

知らしめる絶好のチャンスに

なりますよね!

ispaceの資金調達とパートナー企業は?

宇宙開発は莫大な資金が必要となるため

今までは国が事業を進めてきました。

今後は、世界的にも民間がその役割を

担う時代になるようですが、

資金調達と支援してくれる

パートナー企業を見つけることが

重要になりますよね。

それでは、ispace

資金調達パートナー企業について

見ていきましょう。

ispaceは、2017年12月時点で

101.5億円資金調達していて、

更に2018年2月には、追加で

2億円資金調達しています。

  • 産業革新機構
  • 日本政策投資銀行
  • 東京放送ホールディングス
  • コニカミノルタ
  • 清水建設
  • スズキ
  • 電通
  • リアルテックファンド
  • KDDI
  • 日本航空
  • 凸版印刷
  • スパークス・グループ

かなりの大手が出資していますね。

資金調達に関しては、200社以上に

直筆の手紙を書いたりしたと

袴田武史さんが語っていましたが

相当、大変なことですよね。

宇宙開発に対する、並々ならぬ

情熱があったからこそ

成し遂げられたんでしょうね。

スゴイ人物です!

HAKUTOには、出資以外の技術提供などに

大企業のパートナー企業がついています。

  • au
  • IHI
  • Zoff
  • JAL
  • RECRUIT
  • SUZUKI
  • CEMEDINE

月面探査ローバーの開発に

自社の大切な技術を提供するとは

太っ腹ですよね!

Google Lunar XPRIZE

レース終了後は、ispaceへの

技術提供が、どういった形になるか

話し合いの部分もあるようですが

多くの企業から協力を得られると

良いですよね。

スポンサーリンク

袴田武史さんの考える月に眠る資源とは?

袴田武史さんの考える

月に眠る資源について

見ていきましょう。

月には、レアアースもあるようですが、

最も有望視されている資源です。

少なくとも約6億トンのが月にある

と考えられているそうです。

は電気分解すると

液体水素と液体酸素になるので

それらを燃やして燃料とします。

◆ガスステーション構想

出典:https://japanese.engadget.com

こんな感じで、

宇宙の燃料スタンドを作って、

燃料の供給をすることを

将来的にビジネスとする

動きがあるようです。

月で燃料が調達できれば、

火星や小惑星探査も現在より、

実現可能性が上がるのだとか。

袴田武史さんは、これからは

「宇宙は水の時代になる」

と考えているそうです。

袴田武史(ispace代表)さんの結婚やプライベートは?

袴田武史さんの結婚プライベート

について見ていきましょう。

以前、auのCM撮影の対談の中で

プライベートについてちらっと

お話しされていましたが、

結婚されていて奥様がいるそうです。

奥様も仕事が忙しいようで、

遅く帰ってきて、そこそこ早く

出かけるのだとか。

平日はなかなか話をする時間は

取れないそうですが、

週末はお休みが合うみたいです。

お風呂はあまり一緒に入らないけど

ベッドは一緒だと、さらっと

惚気ていましたので夫婦仲は

良さそうですね^^

袴田武史さんは趣味がないというか、

ほぼ100%、HAKUTOになっているので

どうしよう?と言っているほど

夢中になっているそうです。

プライベートな時間も、

ついHAKUTOのことを

考えてしまうんでしょうね~

いろいろ理解のある奥様

良かったですね!

スポンサーリンク

まとめ

袴田武史さんは、

Google Lunar XPRIZEでの

月探査がHAKUTOでは

叶いませんでしたが、

ispaceの事業として

2020年に月へ探査ローバーを

送り込む計画の実現に向けて

資金調達・人材確保・開発などを

着実に進めています。

今後の動向から目が離せませんね!

これからの活躍を

応援したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク