モンシェール(阿部慎也)のデニッシュ食パンの店と評判は?24時間営業のワケも!【ドキュメント72時間】

2018年1月19日(金)

22時50分~23時15分に放送の

『ドキュメント72時間』

「眠らないパン屋 聖夜の贈り物」

で取り上げられる

モンシェール24時間営業のワケは?

パン職人の阿部慎也さんのプロフィールは?

デニッシュ食パンはどんなパン?

デニッシュ食パンの評判買える店は?

おいしい食べ方は?

について、調べてみたいと思います。

【ドキュメント72時間】の記事

コチラにもありますので、

合わせて見てくださいね^^

↓↓↓↓↓

津軽海峡年越しフェリーの航路や料金は?造船費用や船長の年収も!【ドキュメント72時間】

スポンサーリンク

<目次>

  1. モンシェールが24時間営業のワケが知りたい!
  2. モンシェールパン職人の阿部慎也さんのプロフィールが知りたい!
  3. モンシェールのデニッシュ食パンについて知りたい!
  4. モンシェールのデニッシュ食パンの評判と買える店が知りたい!
  5. モンシェールのデニッシュ食パンのおいしい食べ方が知りたい!

モンシェールが24時間営業のワケが知りたい!

モンシェールは、

東京江東区東陽町にあるベーカリーです。


東京メトロ東西線東陽町駅から徒歩約5分、

ごく普通の、住宅街を歩いたところにあります。

1995年創業したモンシェールは、

高級デニッシュ食パン老舗として知られ、

関東近郊からも買い求めにくるそうです。

地図の表示でも分かりますが、

番組で紹介されるのは、

モンシェール 東陽町工場です。

当然、工場なので販売スペースなど無く、

初めは、販売していませんでした。

♦モンシェール東陽町工場

出典:https://tabelog.com

確かに、外観を見ると

ベーカリーという感じではないですね。

居酒屋の入口?って勘違いしても

不思議はないですよ^^;

ベーカリーというと、どうしても

おしゃれな外観を想像していまいます。

でも、こういう外観なのは

モンシェール 東陽町工場

工場メイン売り場はおまけだから

なんですよね!

工場の入り口の、わずかなスペース

販売を行っているからなんですね。

工場直売を始めたのは、10年ほど前

近所の方の「ここで一本買えませんか?」

という一言からだったそうです。

この当時はまだ、24時間営業

していませんでした。

いつから、どんなきっかけで

24時間営業になったのでしょう?

モンシェール 東陽町工場

24時間営業になったワケは・・・

『何となくの流れ』だそうです^^;

パンって、出来上がるまでに

すごく時間がかかるって

知ってましたか?

パン生地を練って、焼いて、

袋に入れて売るまで、

だいたい、8~10時間かかります。

お昼に納品するためには、夜中に生地を

仕込まないとならない計算ですよね?

ピーク時には、1日1000本売れるので

作り続けないと間に合わなくなり、

「気づいたら24時間の操業になっていた」

のだとか。ついで販売24時間

やろうかってことになったんですね~

忙しすぎて工場が休むヒマが

なくなってしまったことが

そもそもの始まりなんですね。

なるほど、こういうこともあるんだと

感心してしまいました^^

深夜はタクシーの運転手さんが来たり、

職種によって買いに来る時間もばらばらで、

そういう人の声に合わせるために

今後も、24時間営業は続けていく

つもりのようですね。

スポンサーリンク

モンシェールパン職人の阿部慎也さんのプロフィールが知りたい!

パン職人阿部慎也さんは、

モンシェール 東陽町工場の工場長を

していますが、もともとはお客さん

だったのだそうです。

♦阿部慎也さん

出典:http://www.food-buyer.com

モンシェールデニッシュパン

味に惚れて前職を辞めてまで

入社してパンを作っています。

阿部慎也さんは、

花屋から転職し、パンを作り始めた

創業者でもある黒田社長から

後継者として期待を寄せられる人物です。

働き始めて、7年になるそうですが、

24時間稼働し続ける、工場の長になり、

しっかりと期待応えていますよね!

スポンサーリンク

モンシェールのデニッシュ食パンについて知りたい!

モンシェール東陽町工場

予約なし購入できるのは、

  • プレーン(980円/2斤)
  • 日替わりメニュー

だけになります。

あんこデニッシュやチョコ、メープル、

シナモン、カスタード、季節商品などの

フレーバーデニッシュ(1130円~1300円前後/1.5斤)

については予約制だそうです。

通常の食パンよりも割高ですが、

デニッシュだけで勝負しているとあって、

小麦粉バターなどの材料は、

同業他社と比べても、ワンランク上

厳選したものを使用しています。

バター生クリームは一般的な

デニッシュパンの約2倍

の量を使っています。

また、オール機械ではなく、

生地練りから成形まで人の手を加えていて、

その日の気温とか生地の状態を見て

微妙に作り方変えているそうです。

デニッシュパンは、生地を幾重にも

折り重ねてつくります。

なんと!54層も作るんですよ。

その後、生地を編み込んで焼きます。

出典:http://www.food-buyer.com

きれいに編みこまれていますね~

これを焼くと・・・

出典:http://www.food-buyer.com

完成です!こんがりとした焼き色が

とてもおいしそうです^^

すごく、手間暇かかるものですね。

これで、おいしくないワケがありません!

スポンサーリンク

モンシェールのデニッシュ食パンの評判と買える店が知りたい!

モンシェールデニッシュパン

評判はどうでしょうか?

「サクッとした口当たりと、バターの風味がイイ!」

「外はパリッと。中はふんわりしながら弾力もある」

と、好評価ですね。

マツコさんも、番組の取材で訪れたとき

「ふっかふかで美味しい」

悶絶してたそうですよ^^

さて、モンシェールのデニッシュパンですが、

東陽町工場以外に店はあるのでしょうか?

♦銀座博品館店

出典:https://tabelog.com

う~ん。お店と言うか屋台ですね^^;

でも、『銀座博品館店』屋台なのに

1日800個も売れるんですよ!!

販売するのは『デニッシュパン』1種類のみです。

スタッフは、銀座のクラブに

『デニッシュパン』の配達に行くそうです。

銀座のクラブのママたちから

客へのお土産として大人気になり、

今は約100軒のクラブと取引があるのだとか!

すさまじい、人気ぶりですね^^;

♦神保町いちのいちグランスタ丸の内店

出典:https://mikitpg.com

東京駅 丸ノ内線の改札を出て

左に曲がって3分ほどの場所にある、

『神保町いちのいちグランスタ丸の内店』

では、数量限定で取り扱っていて、

知る人ぞ知る、穴場のスポットなのだとか!

東陽町工場に行けない方は、

のぞいてみてくださいね!

スポンサーリンク

モンシェールのデニッシュ食パンのおいしい食べ方が知りたい!

モンシェールのデニッシュパンは、

1番人気のプレーンは1袋2斤です。

出典:https://www.google.co.jp

パンの袋を持ってみると、

小さなお米くらいの重さがあります。

なんと!約940gもあるんです。

ちなみに、1斤2000kcalもあります!

スライスしてそのまま食べても

美味しいですが、電子レンジやトースターで

温めなおすと、さらにおいしくなりますよ。

ポイントは2つです。

①電子レンジやトースターを先に温めておくこと。

②焼き過ぎないこと。

電子レンジ10秒~20秒くらいがベストです。

ふわっと感が失われず、風味が楽しめます。

仕上げに軽くトーストすれば、サクッとします。

お好みで試してみてくださいね^^

賞味期間は4日程度ですが、1袋2斤なので

食べきらない場合は、パンを冷凍庫へGo!

2週間程度なら、出来立てと変わらぬ

美味しさを保てるそうですよ!

解凍後のパンは、電子レンジで長めに

温めれば、焼き立てのフワフワが復活です。

ものすごく食べたくなってきました^^

モンシェールのお店にGo!ですね。

スポンサーリンク

まとめ

モンシェール 東陽町工場

24時間休みなく高級デニッシュ食パン

を焼いて、工場の入口で販売しています。

そのおいしさと24時間営業という

珍しさが口コミで広がり、

1日1000本も売れる超繁盛店です。

これからも、おいしいデニッシュ食パンを

焼き続けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする