ヨシダナギ(裸の美女写真家)の波乱万丈な経歴!偏愛体質で彼氏や結婚は?【クレイジージャーニー】

2018年2月28日(水)

23時56分~24時55分

『クレイジージャーニー』

新たな民族撮影旅inアフリカ

に出演するヨシダナギさんの

プロフィールは?

波乱万丈な経歴とは?

裸の美女写真家と言われたキッカケは?

偏愛体質で彼氏や結婚は?

について調べてみたいと思います。

『クレイジージャーニー』の記事は他にもコチラに

ありますので合わせて見てくださいね^^

↓↓↓↓↓

テキーラ職人(景田哲夫)がつくるカスカウインの味は?飲める店は?【クレイジージャーニー】

滝沢秀明(アイドル)がマグマ大接近旅!次の冒険は南極!?【クレイジージャーニー】

トゥアレグ族(青の民族)イケメン&美女の画像!ヨシダナギと黄金の都!?【クレイジージャーニー】

スポンサーリンク

<目次>

  1. ヨシダナギさん(裸の美女写真家)のプロフィールが知りたい!
  2. ヨシダナギさん(裸の美女写真家)の波乱万丈な経歴が知りたい!
  3. ヨシダナギさんが裸の美女写真家と言われるキッカケが知りたい!
  4. ヨシダナギさんは偏愛体質で彼氏や結婚について知りたい!

ヨシダナギさん(裸の美女写真家)のプロフィールが知りたい!

ヨシダナギさんは、どんな方なのか

プロフィールを見ていきましょう。

◆ヨシダナギ

出典:https://good-creator.jp

●プロフィール

名前:ヨシダナギ

生年月日:1986年7月6日

年齢:31歳(2018年2月)

出身地:東京都

職業:写真家

●写真集

写真集『SURI COLLECTION』(いろは出版)

紀行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(扶桑社)

第48回講談社出版文化賞の写真賞を受賞

ヨシダナギさんは、写真家になろうと

思っていたわけではないと言いますが、

どんな夢を持った子供だったのでしょう?

写真家として認められるまでの

経歴を見てみましょう。

ヨシダナギさん(裸の美女写真家)の波乱万丈な経歴が知りたい!

ヨシダナギさんは、裸の美女写真家として

認められるまでの経歴が、波乱万丈なので

見ていきましょう。

●5歳の時にTVで見た

アフリカのマサイ族に強烈な憧れを抱き、

大きくなったら、マサイ族のように、

肌が黒く、カッコイイ姿になれると

信じて生きていました。

●10歳で両親から、

「人種が違うから肌は黒くならない」

という、現実を突きつけられ

挫折を味わうことになります。

●10歳から中学までは、

陰湿なイジメを受け続けて

14歳で不登校になります。

この頃、両親が離婚して

父親と2人暮らしになります。

引きこもって、ネット小説を

書いていたそうですが、

プロフィール写真をUPしたら

あっという間に、ネットアイドルとして

注目を浴びるようになります。

子供の頃から美人だったんでしょうね~

容姿が美しいのをやっかまれて

イジメがエスカレート

したのかもしれませんね。

●14~20歳までは、スカウトされて

グラビアアイドルをしていました。

●19歳でガングロギャルに!

「マサイになれないなら

ヤマンバになってやる!」

と、アフリカ人の黒い肌への憧れは、

捨てきれなかったようです^^;

●21歳で一人暮らしを始めた

ヨシダナギさんは、

自分を追い詰めることがなくなり

性格も変わったのだとか。

それまでは、自傷行為や自殺未遂で

両親に20歳まで生きられず

死んでしまうのではと心配されて

いたそうです。

性格は変わったものの、

グラビアアイドルは、

向いていなかったので引退して、

イラストレーターになります。

●21~2歳で写真を撮り始めます。

フィリピンのスラム街の

子供たちの写真をブログに載せたら

「写真うまいね」って褒められたそう。

モデルさえいれば、

絵を描くより楽だと思って

写真を撮るようになります。

●23歳で初めて、アフリカへ。

少数民族を撮影して写真を

発表するようになります。

メディアへの出演も増え、

2017年には、日経ビジネス誌で

「次代を創る100人」に選出されます。

波乱万丈な経歴で、まるでドラマのようです!

イジメを苦にして自殺なんてしないで

本当に良かったと思います。

ヨシダナギさんがいなかったら、

あんなに美しくて感動する写真

目にすることは出来ませんでしたから。

スポンサーリンク

ヨシダナギさんが裸の美女写真家と言われるキッカケが知りたい!

ヨシダナギさんが、

裸の美女写真家と言われるようになった

キッカケを見ていきましょう。

2012年(26歳)に初めて

少数民族と同じ格好になって

撮影をしたヨシダナギさんが、

上半身裸で、下半身は葉っぱで隠している

という姿だったことから、

裸の美女写真家と言われるようになった

みたいですね。

「脱いだら仲良くなれる」自信があった

ヨシダナギさんは、受け入れられて

少数民族の、ありのままの姿を

写真に収めることに成功します。

2015年(29歳)には、

『クレイジージャーニー』で

「服を脱ぎ民族と同じ姿になる写真家」

として紹介されて以降、何度か

不定期に、取り上げられるようになり、

さらに知名度が上がっていきました。

アフリカのしかも、

初めて訪れた部族の村で

全部脱いでしまう

ヨシダナギさんの潔さは、

後になって、会ったこともない

現地のアフリカ人に

リスペクトされることになります。

スゴイ影響力を持った女性ですよね!

ヨシダナギさんは偏愛体質で彼氏や結婚について知りたい!

ヨシダナギさんは、

何事も 熱しやすく冷めやすくて

ハマると「とことん」な偏愛体質だそうです。

ある時、食品サンプルを集めようとして、

欲しいものが、ことごとく高額だったので

「作ればいいじゃん!」と、

ワークショップに行ったそうです。

2日間で20時間という、

インストラクターの講習のような

第一人者による本格的なものです。

それから2カ月ほどの間、

カラダから樹脂の匂いがするくらい

ずっと毎日、夢中になって作ったんだとか。

スイッチ入ると、止まらないんですね^^;

でもあまりにやりすぎて、

樹脂アレルギーになってしまいます。

手が樹脂を触ると

ブツブツになって痛くて痒くて、

蕁麻疹がばーっと出ちゃって、

めちゃくちゃツライですよ!

18、19歳の頃

蕎麦にはまったときも、同じような感じで

半年間、朝・昼・晩、蕎麦だけ食べていたら

蕎麦アレルギーで、

呼吸困難になってしまい、やめたそうです。

偏愛体質という言葉がピッタリくる

エピソードですね^^;

恋愛に対しても発揮されるんでしょうか?

アフリカ愛のスゴイ

ヨシダナギさんですから、

アフリカ人の彼氏がいるのでは?

なんてウワサもあるようですが、

アフリカへの憧れは、恋愛対象ではなく

二次元ヒーローに対するようなもので、

好みのタイプはプレレスラーの

蝶野正洋さんだそうです。

ワイルド系が好みなんですね。

では、日本人の彼氏がいるのかと思いきや、

日本人の彼氏の存在は不明でした。

ただ、ヨシダナギさんは、

超偏愛体質なのでハマったら、

電撃結婚もありえそうですよね^^

スポンサーリンク

まとめ

ヨシダナギさんは、

アフリカのマサイ族に強烈な憧れを抱き

波乱万丈な経歴を持つ、裸の美女写真家です。

アフリカを始めとして少数民族を撮影して

美しい写真を発表しています。

今後も、さらに貴重な美しい少数民族の

写真を発表して欲しいですね。

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする