津軽海峡年越しフェリーの航路や料金は?造船費用や船長の年収も!【ドキュメント72時間】

2018年1月26日(金)

22時50分~23時15分

『ドキュメント72時間』

「津軽海峡 年越しフェリー」

が取り上げられます。

青森・函館間およそ120キロを結ぶ

巨大フェリーが舞台となります。

津軽海峡フェリーはどんな船?

津軽海峡フェリー航路料金は?

造船費用船長の仕事年収は?

について、調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

【ドキュメント72時間】の記事

コチラにもありますので、

合わせて見てくださいね^^

↓↓↓↓↓

モンシェール(阿部慎也)のデニッシュ食パンの店と評判は?24時間営業のワケも!【ドキュメント72時間】

<目次>

  1. 津軽海峡フェリーはどんな船か知りたい!
  2. 津軽海峡フェリーの航路や料金を知りたい!
  3. 津軽海峡フェリーの造船費用を知りたい!
  4. 津軽海峡フェリーの船長の年収を知りたい!

津軽海峡フェリーはどんな船か知りたい!

津軽海峡フェリー

どんな船でしょう?

番組で取り上げられるフェリー

見ていきましょう。

♦ブルーハピネス

出典:https://www.tsugarukaikyo.co.jp

総トン数:約8,800トン

全  長:約144m

定  員:583名

積載台数:トラック71台または乗用車230台

速  力:約20ノット

「ブルーハピネス」の由来ですが、

津軽海峡をイメージする「ブルー」と、

幸福を意味する「ハピネス」を

組み合わせたそうです。

乗船した方、津軽海峡を挟む両岸の

皆さんの幸せをコンセプトに、

津軽海峡エリアにたくさんの笑顔を

届けられるフェリーを目指しています。

また、災害時多目的船としての

機能を備えたフェリーです。

有事の際には、要請があれば

被災地への支援物資、

自衛隊、警察、消防などの要員や車

輌の緊急輸送が可能であり、

ストレッチャーの搬入が可能な

「エレベーター」「清水供給」「電力供給」

などの設備を保有しています。

自然災害の多い日本にとっては、

心強い装備のフェリーですね^^

津軽海峡フェリーの航路や料金を知りたい!

津軽海峡フェリー航路

見ていきましょう。

♦航路

出典:https://www.tsugarukaikyo.co.jp

津軽海峡フェリー航路

2つあります。

①津軽海峡ロード(函館~青森)

  1日8往復 所要時間:3時間40分

②ノスタルジック航路(函館~大間)

  1日2往復 所要時間:90分

番組で密着するのは、

①津軽海峡ロード(函館~青森)ですね!

就航しているフェリーは、

「ブルーハピネス」のほかに、

「ブルーマーメイド」「ブルードルフィン」

もあります。

②ノスタルジック航路(函館~大間)は、

フェリー「大函丸」が就航しています。

大間はマグロで有名な街ですよね。

大間のマグロの旬は8~1月だそうです。

おいしいマグロを食べに行くのも

良さそうですね^^

津軽海峡フェリーの乗船料金は、

一般:2,220円~

学生:2,000円~

リーズナブルに北海道の旅も

楽しめる良心的な料金設定ですね^^

学生さんは、大部屋でわいわい

船旅を楽しむのも、良さそうですよ!

スポンサーリンク

津軽海峡フェリーの造船費用を知りたい!

津軽海峡フェリー

造船費用はどのくらいなんでしょう?

一般的なフェリー造船費用は、

商船の場合、1トン当たり20万円前後だそうです。

1万トンの船はざっと20億円となります。

「ブルーハピネス」は、

約8,800トンですから20億円前後が

いい線ではないでしょうか?

船を造るのって、大金が掛かるものなんですね!

ちなみに、「ブルーハピネス」は、

2017年3月11日に就航して

まだ、間もない新造船なんです。

◆新造船「ブルーハピネス」

出典:https://www.tsugarukaikyo.co.jp

2016年9月28日進水式 (内海造船瀬戸田工場)

まだデビューしたばかりの

初々しいレディですね~

そういえば、英語で船はsheです。

英語で船をshe女性形で呼ぶ

理由を知っていますか?

諸説あるそうですが、

有力なのは、古代文明で船は女神の名をとり、

男性の船乗りを守ってくれるように

願ったからと言われています。

その他、船乗りが加護を求めて、

自分の母親の名前を船につけたから

という説もあるそうですね^^

命を落とす危険もある航海で、

船乗りである男性陣を守ってくれる、

母性を求めていたのかも、しれないですね!

津軽海峡フェリーの船長の仕事や年収を知りたい!

津軽海峡フェリー船長

どんな仕事をするのでしょう?

船長とは、船が安全に予定通りに

目的地に着くよう、乗組員を監督し

航行を指揮する船の最高責任者です。

英語では「キャプテン」や

「マスター」と呼ばれます。

天候やその時々の状況を考慮して

船の針路を決定し、難しい海域などでは

自ら操船を行うこともあります。

船員の世界は階級社会になっていて、

制服の肩章や袖章の金筋の数と

その間の色分けによって

階級がわかるようになっています。

金筋は4本で金筋の間の色が

黒色なのが船長の証です。

クルーズのチャンスがあれば、

制服を観察するのも楽しそうですね^^

津軽海峡フェリー船長

年収はどのくらいでしょうか?

国内線の船長年収は、平均で

500~700万円ほどだそうです。

大勢の命を預かり、操船の技術をもった

船長というのは、以外にも

年収が少ないものですね。

もっともらっても良いのでは

ないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

青森と函館を結ぶ

津軽海峡フェリー航路は、

100年以上の歴史がある

伝統の航路です。

2016年に、北海道新幹線が開業しましたが、

安さと24時間運航が人気を呼び、

フェリーの乗客は増えています。

番組では、乗客のさまざまな

人間模様が見られるようです。

放送を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする