髙橋大輔(探険家)のwikiプロフ&経歴や年収は?浦島太郎の正体とは!?【クレイジージャーニー】

スポンサーリンク

2018年1月17日(水)

23時56分~24時55分放送の

『クレイジージャーニー』

【物語を旅する男】が

“浦島太郎の正体”に迫る!

に出演する

髙橋大輔さんの

wikiプロフィールは?

経歴年収は?

浦島太郎正体とは?

について、調べてみたいと思います。

<目次>

  1. 髙橋大輔さんのwikiプロフィールが知りたい!
  2. 髙橋大輔さんの経歴が知りたい!
  3. 髙橋大輔さんの年収が知りたい!
  4. 髙橋大輔さんがたどりついた浦島太郎の正体を知りたい!

スポンサーリンク

髙橋大輔さんのwikiプロフィールが知りたい!

髙橋大輔さんは、どんな人物なのか

プロフィールを見ていきましょう。

出典:https://www.google.co.jp/

名前:髙橋大輔(たかはし だいすけ)

生年:1966年

年齢:51歳(2017年)

出身地:秋田県

出身:明治大学政治経済学部卒業

職業:探険家、作家

髙橋大輔さんは、2018年には

52歳を迎えるのに、探険家とは、

随分、アグレッシブな方なんですね!

しかも、大学で考古学などを

専攻していたのかと思っていましたが、

政治経済学部なんですよね~

どんな学生時代を送っていたのか

気になるので、確認しましょう!

髙橋大輔さんは、高校2年のときに

アメリカにホームステイをしています。

ホームステイ先が、牧草地のあるお宅で、

毎日、大量の牧草を運ぶ重労働をさせられ

ひどい目に遭ったこともあり、

「アメリカなんか2度と来るか!」

と思ったそうです。

なんと、10㎏も痩せてしまったそうです。

でも、倒れずにやりきったのが

スゴイと思います。

普通は、途中でgive upしますよ!

心身ともに、強靭なんですね^^

髙橋大輔さんは、

その後、大学1年でロシアに行っています。

「アメリカで懲りたのでは?」

と思いますが、そこは好奇心が

上回ったようですね。

マルクスが理想とする共産主義社会を

「自分の目で確かめたくなった」のだそう。

でも、実際に行ってみると、

理想と現実のギャップに、

すっかり打ちのめされてしまいます。

陸路シベリア鉄道を使った帰路で、

髙橋大輔さんは、一度も曲がることなく

ひたすら真っ直ぐ続く線路と、

車窓から見える景色を、眺め続けていました。

ロシアの白樺の森が、やがてモンゴルの草原になり、

そして、中国の黄色い土へと変わっていきます。

この時、それまで味わったことのない

不思議な感覚に襲われたのだそうです。

「地球上には水平な世界がある」ということ。

この体験が、逆に旅への想いを高める

きっかけとなり、この後、

世界6大陸放浪することになります。

60カ国ほど訪れたそうですが、

ヒマラヤでは山賊に会い、

南米では両足を骨折し、

サハラ砂漠では軟禁され、

6匹の凶暴な野犬に囲まれ、

などなど、危険な目にも遭ったそうです。

いや、これは

危ない目に遭いすぎでしょう!

て言うか、命があったことに

感謝しなくちゃいけないぐらいの

状況ですよ!

よく、切り抜けてきましたよね。

強運の持ち主なんでしょうか???

探険家資質として、運の良さ

必須なんでしょうか^^;

髙橋大輔さんは、学生時代から

すでに探険家ですよね^^;

自分の学生時代を思い返すと、

世界を放浪するまでいかなくても、

もっといろいろ体験しておけば

良かったなぁと、思ってしまいます。

若い時に見たり、感じたりしたことって

その後の人生観に影響しますよね!

スポンサーリンク

髙橋大輔さんの経歴が知りたい!

髙橋大輔さんは、大学4年

アマゾンを旅行中に両足を骨折して

就職活動が、満足にできなくなってしまいます。

そこで考えたのが、

『サントリー夢大賞』への応募でした。

大賞をとれば、夢を実現するための

スポンサーになってくれるんです。

髙橋大輔さんは、就職することより、

探険することが、優先だったんですね。

だって、大賞を獲っても就職できませんから!

結局、大賞は獲れませんでしたが、

あきらめきれずに、手紙を送ったところ

サントリーの担当者から、広告代理店の社長を

紹介してもらえます。

夢への熱意に興味を持ってもらえて

広告代理店の社長に「うちで働かないか」

と、誘ってもらうことになるんですね。

ミラクルすぎて「現実の話ですか?」

と、疑いたくなってしまいますが、

髙橋大輔さんの熱意に

感銘を受けた人がつながって

起きたことなんですよね。

転んでも、タダでは起きない

したたかさと、強靭な精神力に脱帽です!!

そして、髙橋大輔さんは

広告代理店で、テレビCMなどを

手掛ける営業マンとして

13年間、勤務することになります。

社長が探険込みで採用したも同然なので

在職中は、1か月もの休みをとって

「ロビンソン・クルーソー」

調べにいってしまったことも

あったそうです。

「ロビンソン・クルーソー」

を追うために退職し、

2005年にはついに、

チリで『たき火跡』を見つけ

世界的なニュースになりました。

詳しく知りたい方は、こちらの著書が

ありますので、どうぞ!

出典:https://www.google.co.jp

1つの真実を見つけるために、

10年も追い続ける熱意執念

クレイジーすぎます!!

スポンサーリンク

髙橋大輔さんの年収が知りたい!

髙橋大輔さんは、探険家作家

主な職業になっています。

探険家年収は、200~300万円

言われています。

髙橋大輔さんは、著書もたくさん

執筆していますので、印税収入も

ありますし、メディアへの出演料

講演会の講演料収入もありますよね。

独断と偏見で、年収

800万円くらいでしょうか?

でも、もらった分をほとんど

探険の費用につぎ込んでそうですね^^;

スポンサーリンク

髙橋大輔さんがたどりついた浦島太郎の正体を知りたい!

髙橋大輔さんは、

「浦島太郎は実在していた!」と信じて

2005年にノンフィクション本

『浦島太郎はどこへ行ったのか』(新潮社)

を執筆しています。

出典:https://www.google.co.jp

髙橋大輔さんは、

本を出した後も、最古の伝承地である

丹後半島(京都府)へ何度か出かけています。

もし、現代の考古学が

卑弥呼の墓を確定できるなら、

丹後にあるはずの浦島太郎の墓だって

見つけられるはずと、確信しています。

『クレイジージャーニー』

の番組内では、なんと

浦島太郎の子孫と対面します!

浦島太郎正体は?

番組内で明らかになるのを

楽しみにしたいと思います。

ここまで調べてきて、

髙橋大輔さんの旅自体が物語のようで

まるで、探険物語を読んでいる気分でした。

クレイジーだけど、うらやましい

気持ちになりました。

スポンサーリンク

まとめ

髙橋大輔さんは、

物語や昔話を単なる作り話だと

思わず、伝承を検証する

51歳探険家です。

クレイジー情熱を持ち続けて

事実に迫る姿は、驚きと

感動を与えてくれる気がします。

今後のご活躍も期待しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク