佐藤健寿(写真家)wikiプロフ&経歴と年収は?軍艦島と妻子は?【クレイジージャーニー】

スポンサーリンク

2018年1月31日(水

23時56分~24時55分

『クレイジージャーニー』 

「奇界遺産」特別編!

今しか見られない“軍艦島”とは?

に出演の佐藤健寿さんの

wikiプロフィールは?

経歴年収は?

軍艦島はどんなところ?

写真集イベントは?

妻子はいる?

について、調べてみたいと思います。

記事の中で触れているエチオピア

同じくクレイジージャーニー

マグマ大接近旅滝沢秀明さんも

過去に訪れた場所です。

コチラの記事も合わせて見てくださいね^^

↓↓↓↓↓

滝沢秀明(アイドル)がマグマ大接近旅!次の冒険は南極!?【クレイジージャーニー】

スポンサーリンク

<目次>

  1. 佐藤健寿(写真家)さんのwikiプロフィールが知りたい!
  2. 佐藤健寿(写真家)さんの経歴と年収が知りたい!
  3. 佐藤健寿(写真家)さんの軍艦島の写真集とイベントについて知りたい!
  4. 佐藤健寿(写真家)さんに妻子がいるのか知りたい!

佐藤健寿(写真家)さんのwikiプロフィールが知りたい!

佐藤健寿さんは、どんな人物なのか

wikiプロフィールを見ていきましょう。

♦佐藤健寿さん

出典:https://twitter.com

名前:佐藤健寿(さとう けんじ)

生年:1978年

年齢:38歳(2017年)

出身校:武蔵野美術大学映像学科

職業:写真家

佐藤健寿さんは、

大学を卒業後、アメリカに留学していた時

南米など、興味のあった場所に足を運んで

撮影しているうちに、気が付くと

今のような職業になっていたそうです。

奇界やオカルト的なことに興味を持つ、

きっかけは、何だったんでしょう?

佐藤健寿さんが子どもの頃は、

矢追さんとか世紀末思想的なモノが全盛期で、

そういった番組を、たくさん観ていたそうです。

それが大人になって

「子どもの頃にいろいろ本で読んだ

雪男って、実際どうなってんだ?」

「アメリカのロズウェル事件や水晶のドクロは

どうなってんだろう?」

って興味を持って、確認しに行き始めたのが

きっかけなんだそうです。

行動力がスゴイですね。普通は、

気になって調べることはあっても、

現地へ確認には行きませんからね^^;

気になると行かずにはいられないんですね。

でも、そんなにあちこち行くためには

資金が必要ですよね。

どうしていたんでしょう?

資金源は、当時、X51.ORGという

サイトの運営で得た広告収入や、

タイアップで生まれた予算で

かなり潤っていたそうです。

しかも、どこにいても運営はできるしで、

プラスのサイクルがうまく回って

どんどん変な場所に行って、それを記事にする

という生活をしていたそうです。

スポンサーリンク

佐藤健寿(写真家)さんの経歴と年収が知りたい!

佐藤健寿さんは、今までに

何冊も写真集やエッセイ集を出しています。

『奇界遺産』

『奇界遺産2』

『世界の廃墟』

『空飛ぶ円盤が墜落した町へ』

『ヒマラヤに雪男を探す』

興味をひくタイトルが並びますね。

『空飛ぶ円盤が墜落した町へ』

『ヒマラヤに雪男を探す』

とか、何なんでしょう・・・

突っ込みどころ満載です。

もしかして、空飛ぶ円盤とか、雪男が

存在している証拠が写ってるのかもと

つい、手に取って見てしまいそうですが。

♦『奇界遺産』

出典:https://www.amazon.co.jp

世界中の「奇妙なモノ」をまとめた

写真集『奇界遺産』の撮影では、

呪われて、撮影した写真が

切り刻まれたみたいにバラバラになった

(デジタルカメラなんでありえないですよね)

とか、野犬に追い回されたのが

呪われたのより怖かったとか。

マニアックさや、誰も知らない場所ではなくて、

自分が直感的に「おかしい場所」だと

思うところを選んだそうです。

それにしても、表紙の写真が

インパクト強すぎですよね。

いったい、どこなのかと調べてみると

♦『スイ・ティエン公園』

出典:https://matome.naver.jp

ベトナムにある、

「世界一怪しいテーマパーク」

「狂ったディズニーランド」

などと呼ばれている公園だそうです。

世界の有名テーマパークに

選ばれたこともあるのだとか。

実は、お寺が造ったものだそうです。

ていうか、口から水が出てます!

めちゃめちゃ怪しい感でてますけど。

♦『世界の廃墟 』

出典:http://kikai.org

何年か前に、若者の間で

「工場」とか「廃墟」なんかを

巡るツアーみたいなのが、

流行ってましたけど、

世界の廃墟の写真集があるのは、

初めて知りました。

世界遺産とか廃墟は、

あんまり興味なかったんですが、

佐藤健寿さんの写真集を見たら、

行きたくなりました。

写真で切り取られた風景の中にある

物語が、めちゃくちゃ気になります!

佐藤健寿さんは、

クレイジージャーニーの常連で、

過去、何回も出演していますが、

エチオピア編での、地獄への入口

といわれる風景は、見た人にしか

わかりませんよね?

♦エチオピア エルタ・アレ火山

出典:https://www.google.co.jp

この絶景は感動ものですよね!

佐藤健寿さんも、めずらしく興奮して

シャッターをきっています。

到着するまでの道のりも過酷で、

写真家というか、冒険家ですよね^^;

冒険に繰り出して、証拠写真を撮ってきたよ!

写真集にまとめるね!て感じですよね。

写真として切り取られた場所の空気も

一緒に、閉じ込められているように感じます。

そして、写真集のタイトルが、

どれも、一風変わっていて

つい、手に取って中を確認したくなります。

何冊もの写真集やエッセイ集をだして、

世界中を旅して撮影している

佐藤健寿さんが、

どのくらい稼いでいるか

気になりますよね!

会社勤めのカメラマンの平均年収は

300万円~だそうです。

少な目ですよね。

佐藤健寿さんは、

フリーのカメラマンです。

写真集の印税や、メディアへの出演料もありますし、

勝手な想像ですが、1000万円くらいでしょうか?

スポンサーリンク

佐藤健寿(写真家)さんの軍艦島の写真集とイベントについて知りたい!

佐藤健寿さんが

2018年1月19日に刊行した

写真集『THE ISLAND 軍艦島』について

見ていきましょう。

♦『THE ISLAND 軍艦島』

出典:http://kikai.org

佐藤健寿さんは、

軍艦島にまつわる謎の詩をめぐる、

静かに狂った本になりました」

と言っていますが、

謎の詩って何なのか、めちゃめちゃ気になります。

番組では、謎の詩についても触れるんでしょうか?

「この町には耳をふさぎたくなるほどの静けさがある」

という詩に導かれて、撮影が行なわれたそうです。

軍艦島は2015年に

「明治日本の産業革命遺産」

製鉄・製鋼、造船、石炭産業の1つとして

世界文化遺産に登録されています。

軍艦島は廃墟マニアの間では、

「廃墟の王」といわれているのだとか。

軍艦島といえば、映画「進撃の巨人」の撮影で

使われたことでも、知られていますよね。

映画を観てから、知ったのでビックリしましたよ。

セットだと思っていたのに、実在の場所だったとは・・・

廃墟感が、物語にあまりにもピッタリで、

鳥肌が立ったことを思い出しました^^;

佐藤健寿さんの写真には、物語を感じます。

軍艦島は、他に並ぶもののない廃墟ですね。

世界基準で見ても、軍艦島を超える

廃墟はないと思うそうです。

まるでSFのセットにいるような、

非日常的な感覚を覚える軍艦島。

ここまで強烈な場所は、他にないそうです。

ここまで言われると、写真集を見たいのは

もちろんですが、現地へ行って

自分の目で確かめたいですよね。

軍艦島は、ツアーも組まれているので、

訪れてみるのも良さそうですね^^

次回のイベントの開催予定ですが、

2/10(土)カルチャーエージェントカフェ渋谷店

『軍艦島と世界の廃墟』トークイベント&サイン会

ゲスト:出水享(長崎大学)

http://www.bunkyodojoy.com/shop/pages/f_satokenji_180210.aspx

申込:03-6712-7760

番組放送後は、すぐに一杯に

なってしまうかもしれませんね。

佐藤健寿(写真家)さんに妻子がいるのか知りたい!

佐藤健寿さんには、

美人のがいます。

同い年くらいなんでしょうか?

ショートカットで、赤ちゃんを

抱っこしている写真が

インスタにUPされていましたよ。

さんもカワイイですね~

今年で4歳かな?

もうすぐ2歳のときに、

「もうちょっと大きくなったら

イースター辺りから連れて行こうと思う」

って言っていたので、もしかして

もう、一緒に行ったんでしょうか?

お子さんも、大きくなったら

お父さんみたいになるんでしょうかね~?

そして、一緒に世界を股にかけた冒険へ!

なーんて、インディジョーンズみたいですね^^

スポンサーリンク

まとめ

佐藤健寿さんは、

不思議な場所や、奇妙なものを

撮影するために現地へ

出かけていくカメラマンです。

見る人の心を引き付ける写真を撮って、

写真集やエッセイ集を出版しています。

今後の、更なる活躍を期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク