鈴木 裕之(スズキ/人類学者)の妻はニャマカンテ?コートジボワールの音楽と著書!【激レアさん】

スポンサーリンク

2018年8月6日(月) 

 23時45分~24時45分に放送の

『激レアさんを連れてきた。』

本日の激レアさんは、

コートジボワールの超国民的アイドルと

極秘で付き合って、7年間誰にもバレず

婚までいけたスズキさんこと

鈴木 裕之さんが登場します。

アフリカのトップアイドルと

付き合うとどうなるのか

興味深々ですよね~^^

鈴木 裕之さんのプロフィール

ニャマカンテさんと

コートジボワール音楽クープ・デカレ

著書についても、調べてみようと思います。

スポンサーリンク

<目次>

  1. 鈴木 裕之(スズキ/人類学者)さんのプロフィールは?
  2. 鈴木 裕之(スズキ/人類学者)さんの妻はニャマカンテ?
  3. コートジボワールってどこにある?
  4. コートジボワールの音楽クープ・デカレとは?
  5. 鈴木 裕之(スズキ/人類学者)さんの著書は?

鈴木 裕之(スズキ/人類学者)さんのプロフィールは?

鈴木 裕之さんは、どんな人物なのか

プロフィールを見ていきましょう。

◆鈴木 裕之


出典:http://africa-rikai.net

●プロフィール

名前:鈴木 裕之(すずき ひろゆき)

生年月日:1965年x月x日

年齢:52~53歳

出身地:山梨県

出身校:慶應義塾大学

職業:国士舘大学文化人類学 教授

鈴木 裕之さんは、18歳で上京して、

慶應大学法学部政治学科へ入学します。

ところが、授業を面白いとも思えず、

お金を貯めては、貧乏旅行をしていたのだとか。

かなりマイペースな人物と思われますね^^;

あるとき、旅行中にA型肝炎を患ってしまいますが、

果敢にも「インドへ行く」と医者に相談します。

でも、ドクターストップが掛かって、

「どうしてもと言うなら、先進国ならOK」

と言われ、パリに向かいます。

なぜインド?そしてパリ?なんでしょう。

日本へ帰国するという選択をしないところが

只者ではない雰囲気ですよね~

そして向かったパリで、

アフリカの音楽家たちを追っている

フォトジャーナリストに出会い、

同行したコンサートで知り合った

アフリカの音楽家に興味を持ちます。

この偶然の出会いから、

アフリカとの縁ができました。

その後は、

ザイール(現コンゴ民主共和国)での研究、

外務省調査員、コートジボアールでの研究を経て、

現在は国士舘大学で教授を務めています。

アフリカ音楽、特にグリオの音楽への造詣が深く、

妻はかつて、アフリカの国民的アイドルだった

というから驚きですよね!

次は、気になる妻について

調べて行きますよ~!

スポンサーリンク

鈴木 裕之(スズキ/人類学者)さんの妻はニャマカンテ?

番組の予告に、

ちょこっと姿が伺えますが、

今回は、ご夫婦での出演です。

鈴木 裕之さんのニャマカンテさんは、

かなり強烈なインパクトで、

迫力のある女性のようです^^;

それでは、詳しく見ていきたいと思います。

お2人が結婚したのは1996年のようですね。

当時の写真を見つけたので、ご紹介します。

◆結婚式の写真

出典:http://africa-rikai.net

今から22年ほど前の写真になりますが、

鈴木 裕之さんは、あまり変わっていませんね。

ニャマカンテさんは、

今と大分印象が違います^^;

コートジボワールの国民的アイドル

だったのも納得のお美しさですね!

ニャマカンテさんは、

西アフリカに広く居住するマンデ民族出身です。

マンデ社会にはグリオと呼ばれる

伝統的語り部がいるそうで、

グリオの家系の娘である

ニャマカンテさんの家族は、

ほとんどが音楽家です。

そんな音楽家の家族に囲まれ、

ダンサーとして活躍していた当時は、

アビジャンのマンデ社会で

人気・実力ともにナンバーワン

だったそうです。

鈴木 裕之さんと結婚後は、

日本で音楽活動をされていて、

アルバムも出しています。

◆ヤラビ

出典:http://africa-rikai.net

アルバムについて調べたところ、

2008年に発売の72分のアルバムで、

中古で2,980円~取り扱いがありました。

ニャマカンテさんの歌声と

アフリカ音楽に興味のある方は

ぜひ、聞いてみてください。

新しい世界が広がること

間違いなしです^^

スポンサーリンク

コートジボワールってどこにある?

コートジボワールと聞いて、

どこにある国なのか、すぐに分かる人は

少ないのではないでしょうか?

私も例にもれず、見当もつかなかったので

早速、調べてみました。

◆コートジボワール

出典:https://soundrope.com

アフリカ大陸にある国なんですね^^

お隣は、私でも知っているガーナでした。

こうやって詳しく見てみると、

アフリカは、たくさんの国がありますよね。

大陸が大きいので、当たり前と言われれば

そうかもしれませんが、普段

聞きなれない国名ばかりです^^;

そんな、アフリカ大陸にある

コートジボワールについて

少し詳しく見ていきましょう。

フランス語で象牙海岸を意味する

国の名前は、かつてこの海岸から

象牙が多く積み出されていたことから、

ついた呼び名だそうです。

長い間、フランスに統治されていましたが、

1960年に独立を果たした後は、

西アフリカの優等生と呼ばれるほど

経済の発展している国となっています。

コートジボワールの文化を調べていて

目にとまるのは、女性のヘアスタイルです。

◆三つ編み

出典:https://www.jetro.go.jp

とても綺麗に編み込まれていて、

まるでアート作品のようです^^

三つ編みは、母親から受け継ぐそうですが、

トレンドを追って、今風にアレンジされるんだとか。

編み込み方にも流行があるんですね。

コートジボワールの女性は、

とてもオシャレで、身だしなみや

ヘアスタイルに気を配るそうで、

ロングヘアのカツラやエクステなども

人気があるようです。

どの国の女性も、髪は命でしょうか^^

スポンサーリンク

コートジボワールの音楽クープ・デカレとは?

クープ・デカレと呼ばれる

音楽があるそうですが、ご存知ですか?

私は、調べていて初めて知りましたが

クープ・デカレとは、

コートジボワール最大の都市

アビジャンを中心に

爆発的な人気を誇る音楽です。

どんな音楽なのか、

画像を見つけたので、ご紹介しますね!

◆WELCOME TO ABIDJAN

変則的なリズム、それに合わせてダンスする、

ひたすらハイテンションな音楽で、

いきなりフェスにでも引き込まれたみたいです。

歌の意味とか分からないですが、

なんかカッコイイです。

テンポがよくて、一緒に踊りたくなる

陽気な感じが良いですね^^

海外旅行で現地の音楽に触れると

旅の思い出にCDを買ってしまうことがあります。

現地の空気感が感じられる音楽は

言葉が分からなくても、その国の人に

近づけた気持ちになるので不思議ですよね。

鈴木 裕之(スズキ/人類学者)さんの著書は?

鈴木 裕之さんは、

文化人類学を研究していますが、

著書も出版されています。

◆恋する文化人類学者

出典:https://www.amazon.co.jp

タイトルが良いですよね~

なんか面白そうな本だと、

手に取ってしまいそうです^^

内容の紹介には、

「アフリカで、女性アイドル歌手と恋に落ち、

結婚式は、8日間にわたる壮麗なものだった」

「ラヴ・ロマンス風文化人類学入門」

などと書いてあります。

大学教授の書いた文化人類学の本というと

お堅い感じしかしませんが、

そんな本とは一線を画す

恋愛ドキュメンタリー的な

内容なんでしょうか?

気になる方は、ぜひ一読を!

スポンサーリンク

まとめ

鈴木 裕之さんは、

偶然からアフリカに興味を持ち、

コートジボワールで運命的な出会いをした

ニャマカンテさんと結婚し、

現在は、国士舘大学で教授を務めています。

アフリカ音楽とアフリカ人女性との恋愛に

夢中になった人生が番組で

詳しく語られるのが楽しみです^^

今後も夫婦で日本とアフリカの

文化交流に力を注ぐことを

応援したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク