蒼山日菜(切り絵作家)の繊細な作品と価格は?使うのはハサミだけ!?【同い年のマジですごいやつ】

スポンサーリンク

2018年1月3日(水)

16時00分~17時00分に放送の

『同い年のマジですごいやつ』に出演の

蒼山日菜さんのプロフィール

繊細な作品の数々とその価格は?

ハサミだけを使って切っている?

について、調べてみたいと思います。

<目次>

  1. 蒼山日菜さんのプロフィールが知りたい!
  2. 蒼山日菜さんの繊細なレース切り絵作品の数々と価格が知りたい!
  3. 蒼山日菜さんが切り絵を作るとき使うのはハサミだけ!?

スポンサーリンク

蒼山日菜さんのプロフィールが知りたい!

出典:https://ameblo.jp/hinaaoyama/

ニックネーム:蒼山日菜(あおやま ひな)

誕生日:1970年12月29日

血液型:A型

出身地:横浜出身

職業:切り絵作家

蒼山日菜さんは、

海外旅行で訪れたフランス

旦那様と出会い、その数か月後に

結婚して、24歳で長男を出産しました。

レストランのシェフをしていた

旦那様の勤務先が変わるたびに

スイスとフランスの街を

転々としていたことと、

専業主婦で話し相手も友達もいなくて

寂しいと感じることも多かったそうです。

そんな時、知人のすすめ切り絵と出会い、

その魅力に、はまってしまったのだとか。

そして、自分を癒してくれた切り絵で、

自分以外の人達の心も癒そうと、

蒼山日菜さんはプロを目指します。

オリジナリティーあふれる

細くレースのような切り絵

発表し続け、2009年には

「世界が尊敬する日本人100人」

に登録されました。

その後、フランス人の旦那様と離婚し、

現在は東京に住んでいます。

レース切り絵教室を開いたり、

本も出版していますね。

手先が器用なら挑戦してみたい

ところですが、指がつりそうです^^

スポンサーリンク

蒼山日菜さんの繊細なレース切り絵作品の数々と価格が知りたい!

蒼山日菜さんの繊細で上品な、

レース切り絵作品

見る人の目をくぎづけにします。

その、美しさと精密な模様の切り口は

見飽きることがないほどです。

出典:http://www.tezukuritown.com/techo/06/

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/design/sphone/backnumber/94/

見ればみるほど、ため息がでる美しさです。

細部がどうなっているのか、模様のつながり方など

目をこらして見てしまいますよね。

出典:https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp

この『馬車』というレース切り絵

40×50cmのサイズで

2,160,000円もするそうですよ!!

驚きの価格ですが、作業の細かさと

費やす時間を考えたら、この位は

するものでしょうか?

買うのは無理そうですが

個展が開かれたら行ってみたいです^^

スポンサーリンク

蒼山日菜さんが切り絵を作るとき使うのはハサミだけ!?

蒼山日菜さんはレース切り絵を作る時

使うのはハサミだけだそうです。

ナイフの方が、小回りが利いて

作業がしやすいと思いますが・・・

ハサミだけであの細かい作業をする

技術と根気は尊敬します!

ちなみに、蒼山日菜さんが

プロデュースしたハサミもあります。

出典:http://www.hakoya.biz/item/item_736.html

ケースが素敵です!

先端が尖っていて、切り絵専用で

使いやすいんでしょうか?

女性が化粧道具で使う、眉ハサミ

形状が似ていますね。

もしかしたら蒼山日菜さんも

初めは眉ハサミを使っていたりして^^

スポンサーリンク

まとめ

蒼山日菜さんは切り絵を極めて

オリジナルのレース切り絵

生み出しました。

その、繊細な作品の数々は

ハサミだけを使って作っています。

趣味で始めたレース切り絵

「世界が尊敬する日本人100人」

にも選ばれました。

これからの、更なる活躍に

期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク