今村昌弘(新人ミステリ作家)のデビュー作と異色の経歴?映像化や妻が気になる!【ゴロウデラックス】

スポンサーリンク

2018年5月3日(木)  

24時58分~25時28分

『ゴロウ・デラックス』

に出演される今村昌弘さん

について調べてみました。

デビュー作『屍人荘の殺人』

史上初!ミステリランキング3冠

新人作家さんだそうですよ!

いったいどんな方でしょう。

プロフィールは?異色の経歴とは?

デビュー作が怖すぎるらしい?

映像化も気になりますよね?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

<目次>

  1. 今村昌弘さんのプロフィールや異色の経歴は?
  2. 今村昌弘(新人ミステリ作家)さんのデビュー作は?
  3. 今村昌弘さんのデビュー作の映像化はある?
  4. 今村昌弘(新人ミステリ作家)さんの妻が気になる!

今村昌弘さんのプロフィールや異色の経歴は?

今村昌弘さんは、どんな人物なのか

プロフィール異色の経歴

見ていきましょう。

◆今村昌弘


出典:https://www.google.co.jp

●プロフィール

名前:今村昌弘(いまむら まさひろ)

生年月日:1985年x月x日

年齢:32歳

出身地:長崎県

今村昌弘さんは、

漫画やゲームを買ってもらえなかった

子供時代には、図書室の本を

片っ端から読んでいたそうです。

この頃は、ミステリーを好んで

読んでいたというわけではないそうです。

意識的にミステリーを読むようになったのは、

小説を書くようになってからだそうです。

今村昌弘さんは、

岡山大学医学部保健学科に進学。

大学4年のときに

国家試験の勉強が嫌になって

小説を書くようになったそうです。

大学卒業後は、放射線技師として兵庫県の

とあるクリニックに就職します。

仕事をしながら、短編小説を書いていましたが、

29歳の時に仕事を辞めて

執筆に専念することを決意しました。

心配する父親には、32歳までと

時間を区切っての挑戦だったそうです。

期限は、2017年の秋まででした。

そして今村昌弘さんは、

2017年「屍人荘(しじんそう)の殺人」

第27回鮎川哲也賞受賞しました。

応募された141作品中、

選考委員の満場一致で受賞作に

選ばれたほどの秀作だったそうです。

父親との約束、ギリギリの受賞でした。

ホッとしたでしょうね^^

今村昌弘さんは、子供時代に

沢山の本を読んだそうですが、

私も中学生時代にミステリー小説に

ハマった時期があり、

怪盗ルパンシリーズや

赤川次郎のライトノベルを

片っ端から読破していたことを

懐かしく思い出しました^^

コナンドイルの

シャーロックホームズシリーズも、

夢中になって読んでいました。

今になって調べてみたら、なんと!

コナンドイルは医師で、副業として

執筆していた小説で、成功したんだそうです。

医大に進学し、放射線技師になって

ライフワークとして小説を執筆していた

今村昌弘さんと重なるなぁと

不思議な偶然を感じました。

放射線技師だったことから、

異色の経歴の持ち主と言われていますが、

コナンドイルの経歴を知って、

今村昌弘さんは、ミステリー作家に

なるべくしてなったのだと思えますね。

スポンサーリンク

今村昌弘(新人ミステリ作家)さんのデビュー作は?

今村昌弘さんのデビュー作

怖すぎると、話題になっているようです。

どんな作品なのか見ていきましょう。

◆「屍人荘の殺人」

出典:https://www.amazon.co.jp

『屍人荘の殺人』1,836円

今村昌弘さんのデビュー作

『屍人荘の殺人』は、

  • 「このミステリーがすごい!2018年版」
  • 「週刊文春 ミステリーベスト10」
  • 「2018 本格ミステリ・ベスト10」

史上初ミステリー三冠を達成しています。

これって、とってもスゴイことらしいです。

人気が出過ぎて重版に次ぐ重版で、

2017年10月に発売されて以来、

2018年3月末までで、なんと!

23万部の大ヒットを飛ばしています。

小説は、5万部でヒット、30万部で大ヒット

100万部売れたら歴史に残るのだとか。

わずか半年でこの部数なので

これからの伸びに期待できそうです。

ぜひとも100万部を

目指して欲しいですよね^^

さて、気になる

『屍人荘の殺人』の内容ですが、

「映画研究サークル合宿で

別荘に集まった男女14人。

この別荘で起こった復讐劇と

近くのフェスで起こったテロが重なり

想像もしなかった事件に巻き込まれる・・・」

というものだそうです。

読み終わった、ゴロウさんに

「一人で部屋で読んでて怖くなった」

と言わせた作品です。

臨場感たっぷりで、恐怖がリアルに

迫ってくるんでしょう。

怖すぎます;;

選考委員北村薫氏は選評で

「野球の試合を観に行ったら、

いきなり闘牛になるようなものです。

それで驚かない人がいますか?」

と記したそうです。

ミステリーは、どんでん返しで

ラストにアッと驚く結末が!

というのは定番ですが、

その予想をはるかに超えた

驚きがあるようですね。

怖いのを耐えても、

読んでみる価値がありそうです!

スポンサーリンク

今村昌弘さんのデビュー作の映像化はある?

今村昌弘さんのデビュー作

『屍人荘の殺人』

のタイトルに使われている

「屍人」は「生ける屍」を意味します。

ミステリーなのに、まさか!の

ゾンビが絡む衝撃の作品だそうです。

これは、映像化したら

大ヒットしそうじゃありませんか?

もしかしたら、もうすでに映像化

オファーが来ているかもしれませんよね^^

『屍人荘の殺人』

は300ページほどの作品なので

映像化するなら映画が

良いかもしれませんね。

ただ、次回作につながりそうな

エピソードを埋め込んであるそうなので

次回作が次々出版されるようなら

テレビでのドラマ化もありえそうです。

ドラマ化された時の配役を

想像しながら読むのも面白そうですね。

今村昌弘(新人ミステリ作家)さんの妻が気になる!

今村昌弘さんは、大学卒業後は

放射線技師として働いていましたから

女性との出会いも多かったのでは

と思いますがどうなんでしょう?

女性からすると、放射線技師さんは

結婚相手としては魅力的だと思います。

年齢的には、結婚して妻がいても

不思議ではないですが

Twitterには女性の影は見られないですね。

ここ数年は、自分の将来がかかった

大事な時期でしたから、

作品を書き上げることに

全精力を注いでいたのでしょう。

デビュー作がヒットし、

小説家としての道がひらけて

今後は、結婚もあるかもしれませんね^^

スポンサーリンク

まとめ

今村昌弘さんは、医大を卒業して、

放射線技師として働いていましたが、

『屍人荘の殺人』の大ヒットで

ミステリー小説家として華々しい

デビューを飾りました。

今後は、シリーズ化もありそうですし

映像化も期待されます。

ますます目が離せませんね^^

これからの活躍に注目したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク